HOME » 治療内容

ペインクリニック
当院での治療方法
神経ブロック療法
痛い部位では、交感神経が興奮し、血流が悪くなっています。血流が悪くなると、その部分の神経がダメージを受け、痛みを発生させる物質が蓄積し、さらに痛みが強くなるという「痛みの悪循環」を繰り返しています。痛みの原因となっている神経の近くに局所麻酔薬を使用して一時的に断ち切ることにより、血流を良くし「痛みの悪循環」を断ち切り、痛みを徐々に和らげていく治療です。(そう考えると、「湯治」も、血流改善を繰り返して痛みを和らげるという意味で理にかなっていますね)

普通の注射に比べ、体の少し深い部分に注射をする治療のため、血液が固まりにくくなる薬(小児用バファリン、パナルジン、プレタールなど)を服用されている方や、注射する部位に感染症がある方、重症な糖尿病がある方、骨の変形が強い方、その他神経ブロックが適切でないと判断した場合は、他の治療法を提案させていただくことがあります。

神経ブロックと並行して、内服療法、点滴や光線療法などで集中的に治療をしていきましょう。早い方は数回で、通常は数週間で治療効果(痛みが和らぐ)を感じられる場合が多いです。数週間ほど神経ブロックを行っても治療効果が感じられない場合は他の治療方法を提案させていただきます。

各神経ブロックと治療効果が期待できる疾患
*星状神経節ブロック
(星状神経節:のどの辺りにある神経の塊で星の様な形をしています。頭部・顔面・上肢の血流をコントロールしています)
頭痛、顔面や頭部の帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛
頚や上肢の痛み
痛みではない疾患(顔面神経麻痺、突発性難聴など)、神経ブロック療法が有効な疾患も治療対象となります。

*硬膜外ブロック

(硬膜外:体のあちこちに張り巡らされている神経が、背骨の中にある脊髄を通って、脳へ痛みを伝えています。神経が背骨に入った部分の近くの硬膜外腔に局所麻酔薬を入れて痛みを和らげます)
肩、胸部、腹部、腰部、下肢の帯状疱疹
頸椎、胸椎、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症
腰痛、下肢の痛み、しびれなど

*肩甲上神経ブロック
(肩甲骨の上辺りに注射をします)
肩関節周囲炎(いわゆる四十肩、五十肩)

*坐骨神経ブロック
(坐骨神経:腰からお尻、足にかけて存在する神経)
腰からお尻、足にかけての痛み
トリガーポイント注射
痛みの引き金:トリガーになっているポイント(押して痛むところ、押して気持ちが良いところ、ツボなど)へ注射をします
首、背中、腰、足など体の各部位の痛みに対して行います。
治療動画 トリガーポイント注射
光線療法
*スーパーライザー 
・オレンジ色の光で皮膚の表面に照射し、血流を良くし痛みを和らげます。
・帯状疱疹など、表面の痛み。
・各関節の痛み
・抗凝固薬などを服用していて、星状神経節ブロックが出来ない場合の星状神経節領域への照射


治療動画 スーパーライザーによる星状神経節領域照射
*キセノン光線療法

(手のひら程のストロボのような白い光線で体に浸透し、血流を良くし、痛みを和らげます)
・各関節、筋肉の痛み

治療動画 キセノン光線療法による肩こり治療
イオントフォレーシス
局所麻酔薬に、弱い電流をかけて皮膚への浸透を促して痛みを和らげます。
帯状疱疹後神経痛など
漢方
東洋医学の専門医ではありませんが、痛みに漢方は良く使います。
足腰の痛みやしびれに牛車腎気丸。
ストレスからくる痛みに抑肝散。
温めると楽になる痛みにブシ末。などなど。

そのほか、風邪をひいたら葛根湯は有名ですね。
体のだるさには、補中益気湯。便秘には大黄甘草湯。

一つの薬で、複数の症状に効果が得られるのも面白いと思います。
私が対応できる範囲でお手伝いさせていただきます。

禁煙指導
煙草は「嗜好品」として取り扱われてきましたが、体への悪影響が判ってきたことや、火災の原因になったり、ポイ捨て、小児の誤飲、などの弊害も伴います。

一人で禁煙を試みてもなかなかうまくいかないことも多いのですが、近年は飲み薬で禁煙をお手伝いできる時代になりました。

当院は以下の条件を満たす方の禁煙治療に保険での診療を行っております。

1.ニコチン依存症に係るスクリーニングテストで5点以上の方。
2.一日の喫煙本数×喫煙年数=200以上の方。

(35歳未満の方は200未満でも可能)
3.ただちに禁煙することを希望し、禁煙治療を受けることを同意している方。
4.初めて禁煙治療を受ける、もしくは前回の禁煙治療から1年経過している方。

禁煙治療は12週間の間に5回来院して頂きます。保険適応の方の費用は3割負担で19,050円程です。(治療内容により変わることがあります。)

主に禁煙成功率の高いファイザー社のチャンピックスを使用して禁煙治療をしております。
ファイザー すぐ禁煙.jp

当院では、「血流低下による痛みの増強予防」「発がんリスクの低下」など、「痛み」の予防に観点を置いて、禁煙外来を行っていこうと思います。
煙草をやめようと思った方はご相談ください。

保険診療3割負担の場合の診察・治療等 目安料金
*使用薬剤、手技料、管理料、端数切り上げなどで料金が変わります。
*1割負担の方は、下記料金の1/3程度を目安になさって下さい。
初診料
(次回来院が三ヶ月以上経過した場合等、再度初診料が必要となる場合があります。)
(平日18時以降、土曜日12時以降の受診は+¥150)
850円程
再診料+外来管理加算等
(平日18時以降、土曜日12時以降の受診は+¥150)
380円程
処方せん料(お薬を処方した時にかかる料金です) 210円程
電話再診料(お電話での診察の際にかかります) 220円程
基本採血(貧血、肝・腎・膵臓機能、コレステロール、血糖) 1300円程
骨密度検査(骨粗しょう症の検査です) 420円程
レントゲン撮影(1部位2方向) 900円程
痛み止め点滴(痛み止め+ビタミンB1、B12) 350円程
光線療法(キセノン、スーパーライザー) 150円程
トリガーポイント注射(痛い部位に麻酔薬を注射) 400円程
肩甲上神経節ブロック(適応:肩の痛み) 650円程
腕神経叢ブロック(適応:肩、腕の痛み) 600円程
坐骨神経ブロック(適応:下肢の裏面、側面の痛み) 350円程
仙骨ブロック(適応:下肢の痛み) 1,120円程
星状神経節ブロック(適応:首から上、腕の痛み) 1,100円程
腰部硬膜外ブロック(適応:下半身の痛み) 2,600円程
頚部、胸部硬膜外ブロック(適応:上半身の痛み) 4,700円程
ヒアルロン酸注射(肩関節、膝関節 1部位) 650円程
サイビスク注射(性能の高いヒアルロン酸注射です) 3,300円程
インフルエンザ検査(手技料を含む) 900円程
紹介状(他院への診療情報提供書です) 750円程
腰部コルセット 650円程
両脇多汗症 ボトックス治療 30,000円程

そのほか、管理料などがかかる場合がございます。
診断書(自費) 4,000円~